sponserdlink

薬剤師が転職で年収1000万円を確実に手に入れる方法!

薬剤師が転職で年収1000万円を越える為には

どうすれば良いのでしょうか?

 

薬剤師は高年収が期待できる職業ですが、

年収1000万円以上稼げる薬剤師となると、

多くはありません。

 

ですが、薬剤師であれば年収1000万円稼ぐことは、

決して不可能なことではありません。

 

薬剤師の転職で1000万円の年収を稼げる求人の選び方と

注意点等をご紹介します。

 

薬剤師 医療費 削減

 

薬剤師が転職で年収1000万円稼ぐのは簡単ではない

薬剤師の平均年収というものは、

時代が職業によっても異なりますが、

おおよそ550万円程度とされています。

 

職業別の平均年収で見た場合、

薬剤師はおおよそ10位前後にランクインします。

 

医師や弁護士等が名を連ねる中では、

かなり高年収といえる職業でしょう。

 

ですが、平均年収が550万円ということであれば、

年収1000万円を越えることは、

簡単なことではないということがわかります。

 

では、薬剤師が転職で年収1000万円稼げる仕事とは

どのような仕事なのでしょうか?

 

薬剤師の転職で1000万円稼ぐのが難しい仕事

総合病院に勤める薬剤師の中で、

最も収入が高くなるのは薬局長等のポストをもった薬剤師です。

 

総合病院における薬剤師の役職者の年収は、

700万円~800万円程です。

 

ですが、これは数十年にも及ぶ勤続年数と、

経験の積み重ね、

また確かな実績があってこその金額です。

 

転職したての新人薬剤師がいきなりもらえる金額ではなく、

さらに、

実績を重ねたとしても、

年収1000万円を越えることは難しいでしょう。

 

また、調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師の場合も同様に、

年収1000万円を越えるということはまずありません。

 

薬剤師が転職で年収1000万円稼げる仕事!

薬剤師の転職で年収1000万円という高年収を目指すのであれば、

やはり製薬企業が最も現実的です。

 

製薬企業では、

製薬研究、品質保証、CRA、MRといった職種が存在しますが、

上場企業であれば、

いずれの職種でも年収1000万円を越える可能性は充分にあります。

 

特に”営業”に近い存在であるCRAとMRに関しては、

年収1000万円を大きく越える稼ぎも狙える職種です。

 

ただし、中小企業の場合、どんなに実績や経験を積んでも、

そこまで高額の給与の支払いは難しい場合がほとんどです。



sponserdlink