sponserdlink

薬剤師として転職する理由として、やむを得ない事情で

都心から離れた地方に転職しなければならない場合もあります。

 

田舎にある調剤薬局やドラッグストア、病院では、薬剤師不足によって

経営危機に陥っているケースも珍しいことではありません。

 

この為、地方で薬剤師として転職する場合

1年目から年収600万円など高待遇の求人も多いです。

 

薬剤師が地方に転職して年収アップ!

 

地方の薬剤師求人事情

都心では大手チェーン店の調剤薬局やドラッグストア等、

求人は非常に多く存在します。

 

ただし、都心の薬剤師の数は非常に多く、

賃金も安い傾向にあります。

 

一方で薬剤師不足に陥っている地方では高待遇を提示しなければ

薬剤師が集まらず、派遣やパートでも高時給で働くことができます。

 

地方僻地ほど年収アップ!

一般企業では都市部に近いほど給料が高くなる傾向にありますが、

薬剤師の場合地方に行けば行くほど年収は高くなります。

 

また、年収が高ければその分忙しいのかと言えば、

必ずしもそうとは限りません。

 

通常、高待遇の求人は極端に忙しい等訳ありの場合が大半ですが、

地方の求人は「地方の求人」であるということ自体が理由です。

 

地方求人のデメリット

勿論、地方の勤務はメリットばかりではありません。

 

田舎だからこその苦労も多く存在します。

 

例えば、若い人の場合、同世代の友人や異性に出会う機会が少なく、

そもそも町に若い人がほとんどいません。

 

また、噂が出回るのが早く、個人情報が人づてにドンドン広まり、

一瞬で街中に噂が広まってしまいます。



sponserdlink