sponserdlink

CROのCRAとしてガッツリ働いた後、調剤薬局で気楽に働きたいと転職を考える薬剤師は少なくありません。

 

薬剤師がCROから調剤薬局に転職する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

薬剤師がCROから調剤薬局に転職するメリットと問題点

 

調剤薬局に転職してプライベートの時間を確保!

 

まず、調剤薬局に転職した場合、出張などはほとんどなく、時間の融通を利かせやすくなります。

 

また体力的な負担が減るのというのも大きなメリットでしょう。

 

 

ただし、調剤薬局は立地や担当の施設の多さなど、会社や店舗によっては多忙な場合もあります。

 

 

CROから調剤薬局にUターン転職

 

また薬剤師がCROから調剤薬局に転職する理由として「Uターン選択」も少なくありません。

 

CROの場合は基本的には東京や大阪に拠点を置いており、勤務地も本社となるケースが大半です。

 

実家から通いたい、実家の側で働きたいということを考え、地元の調剤薬局に転職する薬剤師もいます。

 

調剤薬局は全国各地に存在し、全国展開をしているような大手調剤薬局についても自分が望む地域の店舗への配属が希望できるような制度もあります。

 

若い内にCROでバリバリ働き、将来的には地元の実家の側で調剤薬局の薬剤師として働くという希望は比較的叶えやすいでしょう。

 

ただし広い世界を駆け回る生活から店舗内の限られた空間の中で常に限定的なメンバーと仕事する環境に移った場合、急な変化についていけないということもありますから、転職の際にはこれを充分に考慮する必要があります。



sponserdlink