sponserdlink

同じ薬剤師として働くにしても、やりがいのない仕事よりも

やりがいのある仕事をして、より多くの給料を貰いたいものです。

 

例えば調剤薬局で働くとなると、年収600万円~700万円など

どうしても上限が決まってきます。

 

そんな中、薬剤師として年収1000万円を稼ぐことはできるのでしょうか?

 

薬剤師で年収1000万円稼ぐ3つの方法!

 

年収1000万円を越える薬剤師になる3つの方法!

 

企業MRになる

最も明快な方法としては製薬企業のMR(営業職)として働くことです。

大手製薬企業のMRは平均年収1000万円近く、

正社員として働いていれば40代になる頃には年収1000万円を越えます。

 

製薬企業の中でも特にMRの給料は高水準で、

当然結果を出さなければなりませんが、

成果をきちんと出していれば確実に年収1000万円を越えます。

 

独立・起業する

薬剤師として新たに薬局を開設したり、

あるいは薬局・ドラッグストアとは縁のない分野で

起業して自ら会社を興すのです。

 

うまくいっている人の年収は高く、自分の店を持ちたい、

起業家として新しい世界を見たいという人にはオススメです。

 

僻地で働く

単純に、薬剤師の需要が高い地域であれば、

一般社員であっても高い給料を得ることができます。

 

都心から離れた地方では、新卒薬剤師であっても年収600万円など

珍しいことではありません。

 

ただし、これでは年収1000万円に到達することはありません。

 

そこで、1000万円稼ぎたいなら、

誰も行きたがらない、ドラマの撮影等に使われるような

離島等の薬局に行くと良いでしょう。

 

年収が高くとも使い道が限られるといった問題点もありますが、

その地域では非常に祐福な暮らしを送ることができるでしょう。

 



sponserdlink