sponserdlink

薬剤師として年収800万円という数字を目指すのは

簡単なことではありません。

 

ですが、職業や働き方を考えることで

年収800万円を達成する為の近道になります。

 

ドラッグストア薬剤師・契約社員の年収

 

ドラッグストアで年収800万円を目指す!

薬剤師の勤務先として代表的な調剤薬局や病院と比べると、

ドラッグストアの方が高い年収を得られる可能性は高いです。

 

ドラッグストア側の薬剤師の需要は高い一方で、

十分に人材を確保しきれていないのです。

 

また教育体制がしっかりしていないというイメージが根付いており、

新卒では高い専門性を感じられる調剤薬局や病院への

就職を希望する学生が多い為です。

 

ドラッグストアでは薬剤師を確保する為に高い給与を提示しており、

新卒の薬剤師でも、1年目から年収400万円を越えるということも

不可能ではありません。

 

ただし、土日出勤や夜間勤務など、不規則のシフト制であるということが

ネックとなります。

 

また調剤や服薬指導等、薬剤師としての基本的な業務以外にも、

お客さんの健康相談に応じたり、

店内の医薬品の在庫管理、発注業務やレジ係、棚卸しなど

様々な業務を行うことから、薬剤師としての高い専門性を

発揮できないように感じます。

 

大手のドラッグストアの場合、店長に昇進、

その後エリアマネジャーとして昇進するなど、

年収800万円以上の収入も不可能ではありません。

 

病院薬剤師の年収

一方で、病院薬剤師として年収800万円以上を目指すのは

ハッキリ言って難しいでしょう。

 

病院では調剤薬局やドラッグストアとくらべても

給与の水準が低く、残業など各種手当も、

その金額は決して高いとは言えません。

 

企業薬剤師として年収800万円以上を目指す

企業勤めの薬剤師については平均年収およそ600~700万円、

年収1000万円を越える超高収入の薬剤師もいます。

 

CRAやMRについては営業の要素もあり、

本人の能力次第で1000万円以上の高収入も夢ではありません。



sponserdlink