sponserdlink

薬剤師は患者さんと薬の架け橋となる

薬剤師の仕事のやりがいの大部分は、

患者さんと薬の架け橋になる事ができる事です。

 

薬局薬剤師は、薬を処方するときに毎回必ず

患者さんに薬の説明することになっています。

 

その薬がどのような効果があり服用はどうそればよいか、

副作用はどのようなものが考えられるかを丁寧に説明し

患者さんに理解してもらう事が仕事です。

 

患者さんと何度も対面し症状が良くなっていく光景で

薬剤師は治療をサポートしている喜びを感じることができます。

 

最近は医療現場での「インフォームドコンセント」が重視され始め、

インターネットの普及により一般人も簡単に

医薬品の知識や情報を調べられるようになったことにより、

自分の使っている薬に対し関心をもつ患者さんも増えています。

 

投薬ミスを防ぐ

薬剤師が患者さんとやりとりをする中で、

患者さんのアレルギーや妊娠の発覚などがあります。

 

こうした場合は、アレルギーなどでは違う副作用が起きる可能性があるので、

すぐに治療方針変更などの対応が必要となります。

 

本来ならば病院の診察の中で発覚すべきことですが、

短時間の診察で医師が気付くきっかけがなかったり見逃している事もありますし、

患者さん自身が医師に言い出せなかったりすることもあるのです。

 

薬の処方にあたって最終確認を行う薬剤師は

健康被害を未然に防ぐ」という

大事な役割を果たす事ができる役割なのです。

 

薬剤師という職業の「やりがい」

 

薬剤師の苦労

 

体調管理は仕事の一つ

薬剤師は、医師、看護師と同様に、

病人に接する機会が大変多い仕事です。

 

日常的に風邪をひいている人との接触も多数ある為、

病気に感染しないように体調管理には細心の注意が必要となります。

 

特に冬はインフルエンザなど流行している時期は、

薬局にも沢山のインフルエンザ患者さんが訪れる事になります。

 

薬剤師が感染し仕事を休むと薬局も機能しませんから、

感染するわけにはいきません。

 

対策としては事前に予防注射を受け、

頻繁に手洗い、うがいを適切な形で行い、

しっかりとした食事と睡眠で

体力をつけるなどの注意をしながら仕事を行います。

 

狭い職場環境のなかでの人間関係

薬剤師は、職場の人間関係で悩む方も多いです。

 

大きな病院や研究所であれば働いている人数も多いですが、

調剤薬局などは薬剤師自体が数人しか勤務していないため、

大変密度の濃い人間関係の中で仕事を行っています。

 

その中で良好な人間関係が築けるかどうかで、

職場で快適に働く事ができるかを大きく左右します。

 

転職や就職の際も職場の雰囲気を

よく見極める事が大切です。



sponserdlink