sponserdlink

薬剤師の転職に有利になる資格!

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しはじめて

薬剤師として働くことができます。

 

薬剤師として働きはじめると多くの患者さんや

他の医療従事者と接しながら業務を行うこととなりますが、

より専門性の高い分野で活躍する為に、

薬剤師資格の他に資格取得を考える薬剤師もいます。

 

薬剤師の転職に有利にな資格

 

「認定薬剤師」と「専門薬剤師」

薬剤師の場合、医師のように特定の分野に特化しているわけではなく、

『薬』という幅広い分野の知識を持ち、

専門分野にとらわれないということは大きな強みです。

 

ただし、中には特定な分野に特化し、

高い専門性を持つ薬剤師も存在します。

 

それが「認定薬剤師」と「専門薬剤師」です。

 

ある一定の研修や試験を合格した薬剤師に対し、

団体から認定証を発行されることで「認定薬剤師」になることができます。

 

多くの薬剤師ははじめに認定薬剤師を目指し、

さらに専門性を深めたい薬剤師は「専門薬剤師」の取得を考えます。

 

認定薬剤師と比べて専門薬剤師の基準は厳しく、

学会での発表や論文を出すといった研究活動が課せられることから、

かなりのやる気がなければ専門薬剤師にはなれません。

 

がん専門薬剤師や感染制御専門薬剤師等になると、

医師のように、特定の分野におけるスペシャリストとして

認識されるようになります。

 

調剤薬局、ドラッグストアと言った沢山の患者さんに

接するような職業では役に立ちにくい資格ではありますが、

大病院、あるいは特定の分野に特化した中小病院等では

専門薬剤師は重宝されます。

 

また、認定薬剤師の中には、スポーツファーマシスト等、

地域密着タイプの薬局で重宝されるものもあり、

このような資格であれば

調剤薬局やドラッグストア勤務でも目指す意義は大きくなります。



sponserdlink