sponserdlink

薬剤師の社員割引

 

薬剤師の社員割引制度は”企業規模”で決まる!

薬剤師に限ったことではありませんが

「社員割引制度」は企業の規模に大きく左右されます。

 

企業規模が大きければ大きいほど、より多くの

社員割引制度を利用できる可能性が高くなります。

 

特に大手製薬企業の薬剤師ともなると、

様々な社員割引を利用することができます。

 

中小企業や小規模運営の企業ではどうしても

社員割引の種類や数は少なくなります。

 

職種による社員割引の違いについて

製薬企業、調剤薬局の場合、医薬品とは

関わりのない社員割引になるケースが多くなります。

 

ですが、工場や支店を多く抱える大手製薬会社の場合、

出張の際にすぐに使える宿泊施設を確保する為、

予めホテルと契約しているなど、

社員が個人的に利用する際にも格安で宿泊が可能になる

社員割引なども存在します。

 

また企業にもよりますが、提携会社の商品が

割引価格で買える場合もあります。

 

病院薬剤師の社員割引

病院勤務の薬剤師の場合、保険医療費が下がるような割引は

当然ありませんが、予防接種などは自費となりますから、

割引が可能なケースもあります。

 

また、初診時の請求される特定療養費(選定療養費)や、

入院の際に必要となる差額ベッド代等

自費の部分で割引を利用できる場合もあります。

 

ただし、職場の人に自分の病気など身体のことや

個人情報を知られることを嫌がり、

他の病院にかかる人が多いことから、この割引を利用する人は

少ないようです。

 

とはいえ、社員割引そのものは利用できる場合が多くなっています。



sponserdlink