sponserdlink

「転職で給料をアップしたい!」と考える薬剤師は多いのですが、

転職で給料アップするという考え方は諦めた方が良いでしょう。

 

高額求人には当然「それなりの理由」が存在します。

 

薬剤師の転職で給料アップ

 

薬剤師の訳あり「高額求人」の理由

高額求人でありがちな例としては、

「地方の僻地」などの理由が挙げられます。

 

人口も少なく、生活環境が整っていないことから

進んで働きたがる人が少なく、高い給料を提示しなければ

薬剤師を確保できないのが現状で、

600~700万円の薬局が多くなっています。

 

一方で都市部では350~500万円程度の求人が一般的で、

550~600万円といった給与面だけ見れば高待遇の求人も存在しますが、

このような高給求人には必ず「それなりの理由」があります。

 

  • 処方せんの枚数が多く、激務
  • 残業が多く、残業を見込んでの金額
  • エリアマネジャー等管理職としての採用
  • 離職率が高い
  • 契約社員として期間限定の高額給与

 

上記のような理由が考えられます。

 

例えば一般的な営業職の求人で、

 

  • 年収600万円以上
  • 土日祝休み
  • 残業なし

 

上記のような求人があれば、誰でも「怪しい」と

思うことでしょう。

 

ところが、どうしてか薬剤師の求人となると

「怪しい」と疑う人が少なくなってしまうのです。

 

給与面のみ見て転職した結果、「転職しない方がよかった」

「前の職場の方が良かった」と、転職に失敗してしまうのです。

 

転職して給料アップするということは簡単なことではありません。

 

年収数万円程度の給与アップであれば不可能ではないでしょうが、

高収入の職場に転職することを目指す薬剤師にとって、

数万円程度の年収アップでは転職する意味はほとんどないでしょう。

 

転職でそれなりの年収アップを望むのであれば、それなりの理由がある職場に

転職しなければなりません。

 

どうしてこの年収なのか、ということをよく考慮して応募しましょう。



sponserdlink