sponserdlink

薬剤師として転職する場合、多くの求人案件では

調剤薬局やドラッグストアですが、

中には『管理職』として転職する場合もあります。

 

新規店舗であれば、店長(管理薬剤師)の求人が

出されるケースもあります。

 

また、管理職の場合は『エリアマネージャー』として

転職するケースもあります。

 

薬剤師転職 エリアマネージャー 年収アップ

 

薬剤師の『エリアマネージャー』とは?

調剤薬局やドラッグストアを多数展開する

チェーン店の場合、『エリアマネージャー』が必要とされます。

 

大手のチェーン薬局ともなれば50店舗以上存在する場合があり、

これら全ての店舗を本社の人間が管理するのは

現実的ではありません。

 

その為~10~15程度の店舗を管理する役割として

『エリアマネージャー』が設けられます。

 

管理薬剤師は店長として1店舗を管理しますが、

エリアマネージャーは管理薬剤師よりも更に上の立場として

何店舗もの薬局を管理します。

 

あくまでエリアマネージャーは中間管理職

ただし、エリアマネージャーはどこまでいっても中間管理職です。

 

役員や部長等、上の人間からは「効率化」や「売上」が要求され、

現場の薬剤師からは「給料アップ」や、

「患者さんにもっと丁寧な説明をしたい」などが要求され、

上と下との板挟みになる形となります。

 

とは言え、現場の薬剤師の意見を尊重するエリアマネージャーほど

結果を出すことができます。

 

現場の意見を取り入れつつ、常に職場環境を改善していく能力が

エリアマネージャーには求められます。

 

エリアマネージャーの気になる年収は…?

薬剤師の年収は大手になるほど給料が安くなる傾向にあり、

一般薬剤師では年収平均400~450万円からのスタートとなります。

 

エリアマネージャー候補として入社する場合、

年収平均は600万円前後、

実際にエリアマネージャーになると700万円~800万円望めます。



sponserdlink