sponserdlink

薬剤師という職業は、他の一般職と比較しても

転職する人が多い傾向にあります。

 

これには資格さえ有していれば採用されやすいという

理由が存在します。

 

とは言え、早期退職等により転職回数が増えすぎるのも考えものです。

 

薬剤師の転職ミスマッチ対策

 

待遇だけ見て転職すると失敗する!

薬剤師の転職で成功する人と失敗する人を分ける原因は

どこにあるのでしょうか?

 

転職に失敗し、早期退職してしまう薬剤師には

様々な共通点が存在します。

 

その一つが、求人票の条件だけを見て応募、転職してしまうケースです。

 

『高給』という一点のみ重視して中身を見ずに

転職を決めてしまうケースというのは非常に転職に失敗しやすいです。

 

年収が高い求人には「それなりの理由」があります。

 

処方せんの枚数が多く激務であったり、人間関係が悪く

離職率が高い職場であったり、

あるいは僻地の薬局で人手不足など、様々な事情があります。

 

転職で年収をアップするという条件は満たしたものの、

労働環境等年収面以外の不満で

早期退職してしまう『転職ミスマッチ』が起こってしまうのです。

 

薬剤師が転職後すぐに辞めてしまう理由は?

薬剤師が転職後早期退職してしまう原因として多い理由には

  • 人間関係
  • 勤務先が僻地
  • 働く時の条件

の3つがあります。

 

この内、人間関係と僻地の問題については

実際に働く現場を見学すればある程度把握することができます。

 

本社だけではなく必ず実際に働く職場を確認するようにしましょう。

 

3つ目の働く時の条件については、例えば就職後経営が難しくなり

2年目以降、給料が削られるといったケースがあります。



sponserdlink