sponserdlink

薬剤師のネイルのオシャレはNG!?

 

薬剤師の「ネイル」に関しては、

薬剤師会の接遇マニュアルにおいて、

「マニキュアはつけない」と規定されています。

 

薬局等、特に患者さんとの距離が近いようば場合、

明確に禁止とされています。

 

ただし、規定されているのはマニキュアのみで、

ジェルネイル等に関しては、

明記されているものはありません。

 

細かい規定に関しては企業ごとに定められていますから、

その会社がどのような解釈をしているかについては、

就業規則をチェックしましょう。

 

また、就業規則では禁止されていなくとも、

「目立たないから大丈夫」

「色がついていなければ問題ない」など、

自分で判断していると、

企業から注意を受けたり、

患者さんからクレームを受ける場合もありますから、

判断の難しい部分となります。

 

薬は直接身体に塗ったり身体の中に入ったりするもので、

これを扱う薬剤師の手の爪が、

綺麗に短く切りそろえられたものか、

人工的なネイルか、

患者さんにとってどちらがより安心感があるか?

という事もよく考える必要があります。

 

また、品質管理等の職種の場合は特に、

直接製品に触れる場合も多く、

たとえ手袋を付けていたとしても、

基本的にはネイルは避けた方が無難でしょう.

 

薬剤師 仕事 やりがい

 

 

薬剤師のネイル以外のオシャレは?

ネイル意外の薬剤師のオシャレ事情についても、

一般的に、医薬品を扱う人間が厚化粧をしていたり、

ヘアピンやネックレス等のアクセサリーを身に着けていると、

不安に感じる人は多いでしょう。

 

髪の毛等が入る可能性を考慮するなど、

必ずしもヘアピンを付けない方が良いという訳でもありませんが、

アクセサリーは必要最低限に留めておかなければ、

品質上の問題を起こしかねません。

 

具体的な規定についてはその企業によるところが大きく、

基本的には就業規則等に記載されています。

 

企業によっては品質管理職の化粧の禁止や、

アクセサリー類を禁止しているケースもあります。

 

細かい規定については記載されていない場合も多いですが、

書いていないからと言って、

独自に解釈することは非常に危険ですから、

上司に相談する等、事前に確認しておきましょう。

 



sponserdlink