sponserdlink

薬剤師の仕事を活かす事ができるボランティア

国内、外問わずにたくさんの活動があります。

 

国内でのボランティアでは災害支援や

薬物についての教育など、

海外では医療従事者の団体、国境なき医師団や

青年海外協力隊に参加し、

被災地支援などのボランティア活動が候補にあがります。

 

自分が関心がある分野にしぼって、参加すると良いです。

 

被災地などの深刻な薬剤師不足に対応する

直近の薬剤師ボランティアの例では、

熊本の地震が上げられます。

 

被災地の中でも薬剤師不足になっている地域に

医療チームの一員として

負傷者のケア、投薬業務を行います。

 

薬剤師としてのスキルを柔軟に応用できる

ボランティアに参加する事は様々な状況で

臨機応変な対応力を培う事ができ、

薬剤師としてのスキルアップとなります。

 

普段とは違った調剤器具や薬の種類が不十分な状況でも

正しく対応できる力は大変貴重で、

薬剤師としての成長を後押しする要素になります。

 

内容を把握して事前準備をする

ボランティアは非常にやり甲斐がありますが、

しっかり内容を把握して事前準備を行わないと

即戦力として動く事はできません。

 

セミナーに参加したり普段から自分で行動し、

かつチームで動ける協調性や対応力を身につけるよう

意識して仕事をこなすなど、学習が必要です。

 

薬剤師の仕事・ボランティア・残業

 

残業が少ない職場の特徴とは

 

余裕をもった人材配置をしている

ギリギリの人数ではなく余裕のある人材確保や

柔軟にシフトをうけいれてくれる体制は、

残業に対する会社の配慮です。

 

ハローワークなどの求人票だけでは

知り得ない情報も沢山あるので、

転職コンサルタントに相談すると良いです。

 

一人薬剤師の調剤薬局は避ける

全体的に職種を比較すると調剤薬局薬剤師は

残業が少ない職場の候補となりますが、

一人薬剤師案件については例外と考えます。

 

様々な業務を一人でこなす必要がある為、

残業することは多い傾向があります。

 

ベース給与のみなし残業記述がないか確認

高収入で記載されている案件の中には

“みなし残業”支給が含まれている場合があり、

残業を当たり前と考える社風である事がわかります。

 

家庭の事情などで残業が難しい状況ならば、

みなし残業を含む求人を避けるべきです。



sponserdlink