sponserdlink

薬剤師が「薬歴管理」を行う理由は?

薬剤師と薬歴管理は切っても切り離すことはできません。

 

薬剤師は薬歴に基いて適切な服薬指導を行い、

特に問題になっている重複投与や飲み合わせのミスによる

薬の相互作用等、重大な副作用のリスクを未然に防ぐ為にも、

薬歴管理はリスクマネージャーとして大きなメリットをもたらしています。

 

薬剤師は薬歴を作成するにあたって

相互作用を起こす危険性の高い飲み合わせや

摂取の際に注意が必要な薬を服用している患者さんから

徐々に対象を増やすということは、

リスク管理を行う一つの方法です。

 

薬剤師が薬歴管理を行う理由

 

そもそも「薬歴」って何?

薬歴とは、患者さんが薬物治療を受けるに際して

治療の有効性及び安全性を確保する為に収集を行う情報で、

患者さんに薬をお渡しする薬剤師にとって大切な情報源の一つです。

 

薬を処方する医師には診療記録として「カルテ」と呼ばれる

診療録の記載を義務付けられていますが、

一方で薬剤師には調剤録の記載・保管が義務付けられています。

 

ですが、医薬品が的世知に用いられたことをチェックし、

またそれを推進する薬剤師の役割を果たす為には、

調剤録に加え、患者さんのヒアリング等を通して得た

服薬状況やアレルギーの有無、副作用歴など、

患者さんひとりひとりの服薬に関する情報を収集し、

管理しなければなりません。

 

薬剤師として「薬歴管理」を徹底的に活用する!

薬歴に残された過去の疑義照会や薬物治療を行う上で生じた問題点等は、

その後行う疑義照会、服薬指導等で生かされます。

 

たとえば薬の飲み忘れ等のノンコンプライアンスの情報が得られたならば、

仕事等ライフサイクルなどを考慮した上で服薬指導を行います。

 

そして、1度の服薬指導で終わらせず、改善することができたのかどうか

次回の服薬指導で確認します。

 

必要に応じて再度服薬指導を行い、場合によっては

処方した医師にフィードバックすることで

治療方針への影響を確認する等、薬のプロフェッショナルとして役割を果たします。

 

医療機関や薬局ではお互いに抱える患者さんの情報を

共有することができるようなシステムが確立されることが最も望ましく、

現在では「おくすり手帳」が最も適切であるとされています。



sponserdlink