sponserdlink

薬剤師は副業OK?

薬剤師が副業するという事は、

そもそも許されているのでしょうか?

 

薬剤師が副業可能かどうかという事は、

実は、職種や企業によって異なります。

 

例えば薬局や製造工場等の管理責任者としての立場にあたる、

「管理薬剤師」については、

薬事法において明確に規定されています。

 

管理薬剤師は薬剤師としての資格を活用した副業は禁止されており、

これに違反すると、

本業で勤めている店舗が営業停止処分となったり、

個人に対しても何かしらの処罰が課せられる場合があります。

 

また、公務員についても規定があり、

如何なる副業も禁止されています。

 

これ意外の職種については、

それぞれの企業の就業規則により決定されます。

 

薬剤師 給料

 

 

薬剤師の副業は良いものではない?

就業規則では副業禁止されていない場合でも、

暗黙のルール」として、

副業禁止である場合が一般的です。

 

その為、副業を考えている場合には、

事前に勤務先に確認しておく必要があるでしょう。

 

企業によっては、

薬剤師の資格を活用した業務以外の副業、

つまり資格を必要としない仕事についてはOK、

という考えのところもあります。

 

 

何故薬剤師の副業は禁止されているのか?

薬剤師の副業については、

やろうと思えば、

引く手あまたというのが実際のところです。

 

ですから、本業の休日や、

空いた時間に仕事をしたいと考える薬剤師も少なくありません。

 

ですが、副業をすることで、

体力的、精神的な疲労が加速してしまい、

本業に支障が出てしまっては本末転倒です。

 

企業はこのような状態になる事を最も恐れており、

社員の副業にGOサインを出していない場合も多いです。

 

また、本業よりも副業の方にやりがいを感じてしまい、

その結果、転職してしまうというような事態も、

会社側からしてみればできれば避けたいものです。

 

調剤薬局等の場合は特に薬剤師不足の店舗も多い為、

せっかく入社した薬剤師が辞めてしまうということは、

経営的にも大きな痛手となります。

 

 

転職前に副業で様子見する手も

逆に、転職を考えている薬剤師からしてみれば、

副業する事で本業とは異なる経験をし、

本業よりもやりがいのある仕事を見付ける事ができる、

という可能性もあるということになります。

 

アルバイトやパートの場合勤めやすいこともあり、

実際に働く事で、

転職先の候補をより正しく見極める事ができるでしょう。

 



sponserdlink