sponserdlink

駅近薬剤師求人のメリット

 

「駅近」の薬剤師求人・就職のメリットを考える

 

薬剤師の求人で「駅近(駅チカ)」という単語を入れて検索してみれば、どの求人票でも駅チカであることを大きくアピールしていることから、この条件が如何に重要視されているのかということが伺えます。

 

駅近という条件は薬剤師に限らず求人の条件として人気の高いキーワードです。

 

駅近は通勤の容易さや雨・雪といった天候の影響を受けにくいといったメリットがありますが、薬剤師の場合、多職種にはない薬剤師ならではの駅近のメリットが存在します。

 

駅近の調剤薬局は医薬品業界において「面分業薬局」と呼ばれます。

 

駅近の薬局は立地の利便性から多くの患者さんが訪れ、これらの患者さんの「かかりつけ薬局」となりえます。

 

また様々な医療機関から出される処方せんに対応する為に豊富な種類の薬を取り扱い、処方せんを出す医療機関との関係性が強いのは面分業薬局の大きな特徴です。

 

単一の科に拘らず、一つの医療施設に依存しないことから多くの薬に触れる機会が多く、より広い薬の知識が身につきます。

 

 

「駅近」の薬剤師求人・就職のデメリットとは?

 

メリットの大きい「駅近」の求人ではありますが、デメリットも存在します。

 

患者さんが多く訪れる立地であることから、性質上、多忙な職場であるということは否めません。

 

また豊富な種類を取り扱う都合上、専門知識がなければ薬の名称や効能、相互作用を起こす他の薬剤等がわからず、そもそも担当医師の手書きの処方せんのメモが読めないという場合もあります。

 

慣れればどうということはないでしょうが、それまでが至難です。

 

また、土日も診療をしている病院等から処方せんが出されることから、土日休みの求人はごく少数です。



sponserdlink