sponserdlink

薬剤師として高収入を得る方法としては、

『組織の中で出世する』という方法と、「独立開業」して

薬局等個人経営する方法の2パターンが考えられます。

 

ここでは薬剤師が起業して独立開業する方法について

掘り下げてご紹介させていただきます。

 

薬剤師の独立開業・薬局経営

 

薬剤師の独立開業前準備

起業するにあたって、管理薬剤師の経験は大きく役立ちます。

 

薬局を運営するにあたり、全体を管理する能力が要求されます。

 

管理薬剤師の業務を把握しておくことで

一店舗の調剤薬局であれば無理なく運営する事が可能です。

 

また店舗運営に際しては医療に関する知識のみならず

法律への理解も大切です。

 

地元で独立開業することを考えるのであれば、

医者やその他病院関係者との繋がりも大切です。

 

独立開業を目指すのであれば医療機関、薬剤師会等が主催する

勉強会、行事等のイベントに積極的に関わっていくようにしましょう。

 

「新規オープンする店舗」のオープニングスタッフとして

働くということも、

独立開業に際して積んでおきたい経験の一つです。

 

開業資金について

独立開業する為には資金は必要不可欠です。

 

新規で薬局を開設する場合、不動産屋設備工事、

開業に関わる人件費や在庫の購入等、

開業資金は2000万円~かかる場合も珍しくありません。

 

その為、まずは銀行で融資してもらうこととなります。

 

加えて、豊富な人脈も独立には欠かせません。

 

独立開業の形態について

実際に会社を設立し社長として薬局経営を行うにあたって、

専門のコンサル会社に依頼するのも一つの方法ではありますが、

薬局経営を行うに相応しい案件はどこにあるのか、ということを

把握しておかなければなりません。

 

最も一般的な起業方法としては、知り合いの医師が

病院や診療所を新規開設する際に

その隣に薬局の店舗を建てるという方法です。

 

また、薬局のフランチャイズに入るという選択肢もあります。



sponserdlink