sponserdlink

薬剤師における疑義照会とは

薬剤師の疑義照会は、単なる確認作業とは違います。

 

疑義照会は法的に定められています。

 

またその業務の徹底が患者の健康に

関わってくるため、最重要です。

 

詳しい診察をおこなうのは医師ですが、

薬剤師は知識、経験のもと

患者の健康を守る役割があります。

 

そのため、この疑義照会は欠かせない仕事内容です。

 

例えば薬剤名は正確か、処方せんの内容に

不備や誤りはないか、処方せんには

適切な記述方法が決められていますので、

ちょっとした不備も見逃してはいけません。

 

更に、副作用、薬物アレルギーに関する疑いや、

用法・用量、成分が重複していないか、

飲み合わせの安全性など、医薬品そのものに関わる面も

しっかり確認する事ができなくてはいけません。

 

専門的な知識が必要となる精神科専門薬剤師

精神科専門薬剤師になるには、

「精神科薬物療法認定薬剤師」であることが前提です。

 

精神科病院で一定の経験を積んだ薬剤師が

認定試験に合格し、申請することで認定されます。

 

薬物治療の最適化を目指して精神患者のケアを担当する

精神科専門薬剤師は、様々な精神疾患に対応できる

豊富な知識と適切な薬物療法を

安全に行えるようにサポートする仕事です。

 

医師や看護師などと一緒にチーム医療を支えながら

、患者の社会復帰を目指す目的があります。

 

精神疾患の薬は副作用に個人差が多く、

患者の訴えを正確にヒアリングし

状態を判断する専門性が必要となります。

 

患者の家族にも意見を聞きながら、

ケアの方向性を決定していきます。

 

他の科目とは違う難しさがありますが、

とてもやりがいがある仕事となります。



sponserdlink