sponserdlink

 

「自分は薬剤師には向いていないのではないか…」と考えたことはありませんか?

 

薬剤師として実際に働く業種別に見た場合、残念ですが向き不向きは存在します。

 

それぞれの業種の特徴を抑えながら自分に向いている仕事を探してみましょう。

 

 

調剤薬局で働く薬剤師

 

どんなに規模の小さい薬局でも薬剤師は数十種類の薬を取り扱います。

 

取り扱う薬の保管場所や有効期限等、全て把握して置かなければならず、丁寧に記録をとって整理整頓をすることは最低限しなければならないことです。

 

ちょっとくらいのミスなら…なんて考えてしまう方の場合、精密な作業と高い倫理観が求められる調剤薬局の業務は向いていないでしょう。

 

仕事モードに切り替えて清潔に整理整頓できるようであれば問題ありませんが、元々ルーズな性格で整理整頓が苦手だったり多少汚れがあっても気にならない人の場合、向いていないというよりも仕事が辛いと感じてしまう可能性が高いです。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

 

ドラッグストアで働く薬剤師

 

ドラッグストアではOTC医薬品や日用品も取り扱うことから、医薬品のみを扱いたいという場合には適していません。

 

また棚卸し等力仕事をしなければならない場面も多く、体力的に不安のある方もドラッグストアの薬剤師には向いていないと言えます。

 

 

CRO・SMOやMRとして働く企業薬剤師

 

CROやSMOで働く薬剤師、MR薬剤師など企業薬剤師の場合、出張や外出が苦手な人には辛い職業になってしまいます。

 

いずれも内勤自体は存在しますが、一般的には外回りを経て内勤というケースが大半です。

 

他職の医療従事者と関わる機会が多いことも特徴です。

 



sponserdlink