sponserdlink

薬剤師資格『スポーツファーマシスト』とは?

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の設定する

薬剤師のスポーツ資格として、

 

スポーツファーマシスト』という資格があります。

 

スポーツファーマシストとは

禁止薬物による「ドーピング」の防止を目的とした資格です。

 

医薬品の中には競技での使用を禁止されているものが

多く存在します。

 

そこで、選手たちの「うっかりドーピング」含め、

禁止薬の使用を事前防止することが

スポーツファーマシストとしての役割です。

 

薬剤師 資格 スポーツファーマシスト

 

スポーツファーマシストの意義

スポーツには基本理念として『フェアプレー』が存在します。

 

薬物の効果に依存した競技はフェアプレーとは呼べず、

自らの努力なく身に付けた力と考えられています。

 

またドーピング行為は反社会的行為とも考えられており、

強く禁止されています。

 

ですが、意図せずに摂取した薬物が

結果的にドーピングになってしまうというケースが存在します。

 

例えば風邪や咳喘息等ではホクナリンテープ(ツロブテロール)が

処方されることはよくあることですが、

これらβ2刺激薬は使用禁止となっており、使った場合

ドーピングと判断されてしまいます。

 

小青竜湯や葛根湯、麻黄湯等、

当てはまるものは少なくありません。

 

さらにOTCまで範囲を広げれば、

うっかりドーピングをしてしまう可能性が高いか想像に難くないでしょう。

 

このような禁止薬に関する専門性の高い知識をもって

競技者、指導者に情報提供を行うことで、

ドーピングを防止することがスポーツファーマシストとしての

意義であるということが言えるでしょう。



sponserdlink