sponserdlink

薬剤師の転職で注意しておきたいポイントは?

 

薬剤師 求人サイト ランキング

 

ダブルチェックは怠らない!

薬剤師の転職に際しては、様々な注意点はありますが、

総じて言えることは、

「ミス」が無いようにチェックする、という点は非常に重要です。

 

転職に際して必要な書類は多数ありますが、

そのいずれもミスがあってはいけません。

 

ミスが無いようにするということは、

勿論、薬剤師に限った事は無いのですが、

特に薬剤師については、

実際の現場において、

些細なミスが命に関わる危険性があります。

 

書類でミスがあれば、

仕事の上でもそのようなミスをする人、という印象を与え、

採用を左右する原因となりかねません。

 

細かい所まで何度もチェックし、

誤字脱字や年号の間違い、書類の不足等、細心の注意を払いましょう。

 

薬剤師転職の志望動機の書き方は?

志望動機については、近年では書き方の指南書や、

インターネットのサイトなど、

参考にできるような文章も多いです。

 

ですが、それは結局自分で考えたものではありませんから、

書類審査は兎も角、

面接でぼろがでてしまいます。

 

勿論、参考程度にとどめておくのであれば問題ないのですが、

丸ごとそのままコピペしてしまったり、

思ってもいないことをそれらしく書くのは一番やってはいけない事です。

 

転職理由はポジティブに!

転職理由も大切な項目の一つですが、

実際の転職理由はネガティブな事が多いのが現実です。

 

当然、嘘を付いてはいけませんが、

出来る限りポジティブな印象になるよう、

言い方を考える必要があります。

 

たとえば、転職理由が給与であれば、

単に「給料が安いから」というのではなく、

「自分の能力が結果に反映される職場を目指して…」や、

仕事内容であれば、

「もっと自分を試せる仕事を見付ける為に…」、

といった具合です。

 

転職回数の問題について

最後に、転職歴が多い場合、

一つの仕事を長く続けられない人という印象を与え、

それだけで書類審査に落ちてしまう場合があります。

 

薬剤師は転職が多い業界ですから、

1~2回程度の転職であれば目立ちませんが、

4回、5回と、転職回数が増えるにつれて、

面接でも突っ込まれる可能性は高くなります。

 

履歴書や職務経歴書に、

転職理由や、それにより得たものなど、

ポジティブなフォローを入れておきましょう。

 



sponserdlink