sponserdlink

薬剤師が病院や薬局以外の職種に転職することを考えた時、

どのような求人があるのでしょうか?

 

ここでは病院や薬局、ドラッグストア以外の、

薬剤師としての転職先の可能性について解説していきます。

 

薬剤師の転職 一般企業

 

 

病院や調剤薬局以外の職種に転職する

調剤薬局、ドラッグストアや病院以外の薬剤師となると、

主に「一般企業」への就職を考えることとなります。

 

学術職(DI業務)

一般企業で働く薬剤師として最も身近な存在と言えるのは

製薬企業、あるいは医薬品卸でしょう。

 

病院や薬局で働いている薬剤師の場合、

必ず製薬企業、医薬品卸と接点を持つこととなります。

 

製薬企業、医薬品卸では薬剤師が在籍しており、

主に学術職としてDI業務にあたります。

 

地方に支店が存在する場合が多く、管理薬剤師を設置することで

問合せに対応できるようにしており、

特に医薬品卸については各支店に1人以上の管理薬剤師を設置することが

法律で定められており、欠員が出れば求人が出されます。

 

品質管理、研究開発職

製薬企業や化粧品メーカー等、自社工場を持っている場合については、

GMPに適合しているかどうかのチェックを行わなければなりません。

 

薬局や病院における調剤業務とは異なり、

クロマトグラフィーを用いる等、

大学の実験室で行われていたような業務を行うこととなります。

 

いきなり企業の研究開発職として転職することは困難ですが、

品質管理しにおいて薬剤師としてのスキルと経験を積むことで

研究職への道も開けることでしょう。

 

CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)

CRCやCRAは病院や薬局のように限られた職場内に留まらず、

出張が多く、多くの医療従事者と接する機会が増加します。

 

また企業によっては薬事申請の業務を行っている場合もあります。



sponserdlink