sponserdlink

薬剤師が調剤薬局から病院、あるいは病院から調剤薬局等、

今の職種とは異なる職種への転職を考える時、

どのようなポイントに注意して求人を探せば良いのでしょうか?

 

今回は薬剤師が他職種に転職する際のポイントついて

解説させていただきます。

 

薬剤師の転職

 

 

調剤薬局と病院の特徴

 

調剤薬局の薬剤師

病院薬剤師の給与水準が低いということはご存知のことと思いますが、

対して薬局やドラッグストア等では高年収を得られる可能性は

大幅にアップします。

 

ただし、薬局の規模やエリアによっても異なります。

 

田舎の地方ほど年収は高くなり、都心に近付くほど

年収が低くなる傾向にあります。

 

また、調剤未経験でも受け入れている求人は多く、

ブランク期間が長くてもある程度求人先を選べるということは大きなポイントです。

 

病院勤務の薬剤師

薬局の場合は特定科目の知識に偏ってしまいがちですが、

薬局では主に取り扱わない輸液や緊急薬等を用いる機会が増える等、

スキルアップを目指すなら病院薬剤師はベストです。

 

 

他職種へ転職する際の注意事項

 

病院薬剤師から調剤薬局に転職する

病院から調剤薬局に転職する場合、年収が高くなりやすい傾向にあります。

 

病院での豊富な経験は即戦力として役立ち、

これまでの経験を活かせるのみならず、

給料アップや福利厚生の充実等の希望を実現できる可能性が高く、

病院薬剤師からの調剤薬局への転職は珍しいことではありません。

 

調剤薬局薬局から病院に転職する

薬局から病院に転職するメリットはやはり「スキルアップ」が

狙えるという点でしょう。

 

病院薬剤師の給与水準は決して高いものではありません。

 

薬局から病院に転職する薬剤師には、

比較的年齢の若い人が多い傾向にあります。

 

高齢で病院薬剤師に転職する人が全くいないということではありませんが

かなり珍しい例です。

 

派遣やパート、アルバイトとして病院で働くことは珍しくありませんが、

ある程度の年齢の人が正社員として薬局から病院に転職することは

かなり珍しい例だということは覚えておきましょう。



sponserdlink