sponserdlink

薬剤師の転職!転職で必要な手続きは?

 

円満退社して気持ち良く新しい職場に入る為にも、

転職の際の手続きは、

余裕を持って行っておきましょう。

 

薬剤師 給料

 

薬剤師の転職手続きは計画的に

転職に際して、

現職の退職日は非常に大切です。

 

退職に際しては、

退職希望日のおおよそ2ヶ月前には、

上司、人事の担当者に対して、

退職する意思を伝えておくことが一般的です。

 

転職先を見つけてから退職の申し出をする場合が

一般的ですが、

人数や引き継ぎの問題で希望日に退職できないケースもあります。

 

転職をスムーズに進める為には、

ある程度のブランク期間を含めて

退職日を設定する方が良いでしょう。

 

薬剤師は需要が多いことから、

転職活動期間は平均2~3ヶ月程度とされています。

 

就職希望先の業種によっては

さらに短期間で転職する事ができる場合もあります。

 

転職を決めたのであれば、

まず相談するべきは直属の上司です。

 

退職希望日を伝えたら、

そのままご飯に誘われて説得されてしまった、

ということも少なくありませんから、

転職を決断したのであれば、

相手の納得するような退職理由をきちんと固めておくことです。

 

退職日が決まれば、

いよいよ忙しくなってきます。

 

転職活動も勿論ですが、

業務の引き継ぎも行わなければなりません。

 

上司と話し合う中で、

自分の仕事は誰に引き継いでもらうか、

いつまでに引き継ぎを終わらせるかなどといったことも、

上司と話し合わなければなりません。

 

引き継ぎが済んで、いざ退職となった際には、

借りていた制服や備品等は会社に返し、

社会保険の手続きを人事部にお願いしましょう。

 

 

社会保険関係の手続きについて

社会保険関係の手続きは意外と忘れてしまいがちです。

 

手続きについては仕事を辞めてから

2週間以内という期限が設定されていますから、

この期間内に手続きを終えなければなりません。

 

2週間以内に次の職場への転職が決まった場合には、

年金手帳は次の職場の人事担当者に渡してもらうことで

手続きしてもらえます。

 

ただし、2週間経過しても転職活動を終えられなかった場合には、

一旦国民年金、国民健康保険への加入手続きが求められます。



sponserdlink