sponserdlink

薬剤師の長期休暇 製薬企業の薬剤師

 

長期休暇を取得できる薬剤師の職業!

長期休暇を取得できる可能性の高い薬剤師の職業として

第一に挙げられるのは、「大手製薬企業」です。

 

大手の製薬企業では休暇制度が整備されており、

人材が確保されている場合が多く、

休暇を取得することができる可能性は高くなります。

 

ただし、どれだけ環境が整っていたとしても

時期によって長期に渡る休暇の取得が難しい場合があります。

 

例えばCROやSMO等の場合、新薬の治験がスタートすると、

予定通りスケジュールをこなさなければ

新薬の申請がスムーズに通りません。

 

他企業と契約を行っていた場合には契約違反となり

違約金を支払わなければならないような事態になりかねません。

 

研究開発の部署にあっても、期限やノルマ等がある場合には

休暇を取得したいタイミングで長期に渡って休むというのは難しくなります。

 

「病院薬剤師」と「調剤薬局」の長期休暇

病院薬剤師の場合、代わりに仕事をカバーできるような人手が

揃っているのであれば、長期休暇を取得することも難しくないでしょう。

 

ただし、病院とは基本的に忙しい職場であり、

いつ人が必要になるかわかりませんから、

休暇の申請を行いづらいような雰囲気の宿場は少なくありません。

 

調剤薬局では店舗の規模にもよりますが、

容易に長期休暇を取得することができるケースと、

事実上、長期休暇の取得が不可能なケースが存在します。

 

都内等、薬剤師に人気の職場であれば、休暇中

一時的にパートを雇う、他店舗からヘルプを呼ぶなど対応ができますが、

地方などギリギリの人員で回しているような店舗であれば

よほどの事情でもない限り2~3日の休暇が精一杯でしょう。

 

薬剤師の長期休暇は不可能?

薬剤師が長期休暇を取得することは決して

不可能なことではありません。

 

ですが、長期休暇を取得していない人が多いのが現実で、

休暇をとっても2~3日程度です。

 

勤務時間が長く責任の重い仕事を任されているような場合、

仕事を引き継いでもらえる薬剤師がいなければ、

長期休暇の取得は限りなく不可能に近いものとなるでしょう。



sponserdlink