sponserdlink

 

「門前薬局」と「かかりつけ薬局」ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

今回は「門前薬局」と「かかりつけ薬局」双方のメリットとデメリットを考えていきましょう。

 

 

患者目線でみた「門前薬局」と「かかりつけ薬局」

 

かかりつけ薬局は患者さんにとって大きなメリットがあります。

 

処方せんを一つの薬局に持っていくことで薬局をいくつも渡り歩く必要がなく、手間がかかりません。

 

また将来的には在宅医療においても、寝たきりになって薬局に行くことが難しい場合など、かかりつけ薬局を作っておくことで顔見知りに治療してもらえるといった安心感が得られ、同じ薬局で薬を貰い続けることにより薬歴を明確に管理してもらうことができる等、最適な治療方法が提供されます。

 

また、薬剤師訪問サービスでは薬を届けるだけに留まらず、薬の管理方法のアドバイスや飲み忘れ防止にも役立つなど、今後も様々なサービスが増えていくことが予想されます。

 

また国の方針として門前薬局からかかりつけ薬局への転換が推進されていることからかかりつけ薬局では国からの援助も見込め、経営者側としても大きなメリットがあります。

 

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e6%b1%82%e4%ba%ba-%e7%a6%8f%e5%b2%a1

 

 

薬剤師目線でみた「門前薬局」と「かかりつけ薬局」

 

一方、調剤薬局で働く薬剤師にとってかかりつけ薬局はデメリットが多くなります。

 

豊富な種類の薬を取り扱わなければならず、その全て把握しておかなければなりません。

 

また多くの薬剤を保管しなければなりませんから、薬剤の在庫がなくなり他の薬局に分けてもらうといった手間が予想されます。

 

とは言え、デメリットばかりではありません。

 

門前薬局でも常連の患者さんは少なくありませんが、薬の取り扱い分野が限られることから、その専門意外の処方については別の病院・別の門前薬局を利用することになり、包括的なケアは望めません。

 

ですが、かかりつけ薬局では全ての患者さんの処方を管理することができますから、患者さんの治療を包括的に行うことができ、薬剤師としてのやりがいに繋がります。

 

分野に関わらず多くの薬を取り扱うことから、多岐にわたる分野の薬の知識が得られスキルアップできます。

 



sponserdlink