sponserdlink

 

薬剤師の離婚率は全ての職業の中では高く、医療系の仕事の中では低い傾向にあります。

 

今回は薬剤師の離婚原因について分生起していきましょう。

 

 

経済力の高さ

 

薬剤師の離婚率が高い原因としては第一に「離婚できる状況だから」ということが挙げられます。

 

特に女性の薬剤師に言えることですが、多少のブランク期間があっても正規社員としての再就職が容易く、離婚後の生活を心配する必要がありません。

 

仕事先の選択肢もある程度広く、需要が高い為、男女問わず子供がいたとしても経済的に問題なく、育児の為の時間も確保することができます。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e6%b1%82%e4%ba%ba

 

 

性格の問題による離婚

 

勿論、個人の性格の問題ですから一概には言えませんが、専門学を学び人命に関わる責任の重い仕事に携わっており、また経済的に自立していることから、「譲らない性格」になってしまいがちです。

 

旦那さんの奥さんには主婦業・育児に専念してほしいといった気持ちと、奥さんの働きたいという気持ちのすれ違いや、奥さんの方が稼ぎがよく、男性側に焦りの気持ちが生じてしまうなどといった原因で離婚に至るというケースも。

 

多忙で家に帰れず気持ちが離れて離婚してしまうといったケースも存在します。

 

薬剤師の離婚理由に仕事は関係ない?

 

現在では1日平均2組のカップルが離婚を決意していると言われる時代です。

 

離婚が一つの前向きな決断として捉えられる場合も少なくありませんし、薬剤師だから、仕事のせいだからと考えるのは短絡的すぎるかもしれません。

 



sponserdlink