sponserdlink

薬剤師が在宅ワークで働くメリット!

 

薬剤師が在宅ワークで働くメリット!

 

薬剤師で在宅ワークを行う場合、自宅から職場までの通勤時間や、職場の人間関係、繁忙等による仕事環境の問題を気にする必要がなくなります。

 

自宅で過ごす時間を増やすことで自分の生活リズムを作り、他者と接する機会を減らすことによってストレスを軽減することができます。

 

また、育児中等の場合、子どもが家に返ってくるタイミングで「おかえり」と迎え入れることができ、あるいは親の介護に専念することができるなど、在宅ワークには様々な魅力があります。

 

とはいえ、他者との接触を完全に断つことができるということではないという点には注意が必要です。

 

直接顔を合わせてやり取りすることはないにしても、電話やメール等、仕事を行う上で信頼関係を築く為には顧客とコミュニケーションを取らなければなりません。

 

 

薬剤師の在宅ワークの仕事内容について

 

薬剤師の在宅ワークでは大きく4種類の仕事に分類することができます。

 

 

1.文献の翻訳

 

一つ目は薬のインタビューフォームや医学情報に関わる文献の「翻訳」です。

 

医薬品の添付書類の翻訳、研究等に用いられる英文医学薬学文献の翻訳、企業研究情報の翻訳等が挙げられます。

 

 

2.ライティング

 

「ライティング」では医薬品・病気の情報の記事を載せたり商品を紹介を行います。

 

薬剤師の体験談等を交え転職サイトの紹介記事なども作ります。

 

 

3.問い合わせ対応

 

企業等の代わりにお客さんの「お問い合わせ」に対応する業務です。

 

自宅で電話等の問い合わせに対応する、またはメールで対応を行います。

 

 

4.代行書類の作成

 

CROや企業の約次関連分野における代行書類の作成業務も在宅ワークで行うことができます。

 

全国の医療機関で治験を行っている性質上、派遣以外にも地元調査員を抱えている企業は少なくありません。

 

完全在宅としてすべて自宅のPCで行うような業務もありますが、現場の医療機関に何度か足を運ぶこととなります。

 

CRAとしての就業経験が求められるケースも多い為、希望する際にはよく確認しておきましょう。

 

仕事の種類にもよりますが、専門性の高い仕事ほど年収は高い傾向にあり、年収400万円を越えるケースも珍しくありません。



sponserdlink