sponserdlink

薬剤師のKYT・危険予知トレーニング ポイント

 

薬剤師のKYT(危険予知トレーニング)

薬剤師という職業を語る上で、

「KYT(危険予知トレーニング)」は欠かせません。

 

薬剤師に限ったことではありませんが、”医療”という

人命を扱う分野に携わる以上、常に

不測の事態に対する予防術が要求されます。

 

医療において危険と言えば、”医療事故”があります。

 

医療事故は当事者のみならず被害者共々に

不幸になるものだということ忘れてはなりません。

 

 

KYTとは?

KYT、すなわち危険予知トレーニングとは、

読んで文字の通り、危険を予知するトレーニングです。

 

医療事故を予想し、架空の状況を想定した

トレーニングも勿論大切ですが、

実際に起こった事柄を想定することで、よりトレーニングの効果は上がります。

 

何故事故が起こったのか?

人為的なミスか、あるいは機械的なミスだったのか?

 

はじめに、何よりもまず真実の究明を行わなければなりません。

 

また、事故を起こした当事者からの謝罪、

つまり事件を公開します。

 

関係者は自分が問題に関わっているのだということを

自覚することが大切です。

 

その上で、自己の再発防止対策を構築する際に、

医療事故を減らす為の対策としてKYTが行われるのです。

 

KYTで薬剤師の人為的ミス防止!

薬剤師に限ったことではなく、事故の原因は

その大半が人為的なものです。

 

人間は失敗するもので、人間は失敗する特性をもっています。

 

根本から人為的なミスを防ぐことは難しく、

ミスをしない人間はいないと言えます。

 

ですが、KYTを行うことで人為的なミスを原因とする

医療事故を軽減することができるのです。

 

将来的な危険回避の為に、問題解決能力や意欲を高め、

チームの連携を強くし、

安全意識の高い職場づくりにつながるのです。

 



sponserdlink