sponserdlink

薬剤師と言えば「安定した職業」と連想されるほど、

薬剤師は年収が高く、需要の高い職業です。

 

ただし、単に薬剤師といっても様々な職業があり、

「安定性」が本当にあるかということは、

その職業の種類によって変わってきます。

 

薬剤師は安定した職業だというイメージの根本は、

薬剤師の免許が国家資格であるということでしょう。

 

一度薬剤師になれば一生ものとなり、

親が子供に取らせたい資格としても人気が高く、

さらに、

薬剤師国家試験の難易度が以前よりも難しくなった事から、

薬剤師そのものの価値も高まっています。

 

薬剤師 悩み ストレス 転職 辞めたい 人間関係

 

ですが、薬剤師の職業の中には、

安定性の期待できない職業も存在する、

ということには注意しなければなりません。

 

薬剤師の「安定性」が期待できない職業

薬剤師の安定性を考えた時、

病院と医院は、その人気の面から見て、

安定しているとはいえない職種です。

 

人気が高いという事は、

つまりそれだけ競争相手が多いという事に他なりません。

 

新卒採用や中途採用でより優秀な人材が入ってくると、

自分の立場が危ぶまれる場合があるのです。

 

さらに、病院勤務の場合、仕事が忙しい事から、

女性が産休や育休を取る事で仕事が滞ってしまうような状況になる場合、

その助成に退職を促すなどといったケースも多く、

家庭を持つ場合には安定した職業とは言えません。

 

また、同じく安定性に欠けると言える職業として、

工場で働く品質管理・品質保証の仕事や、

あるいは、

医薬品の売買に携わるMR、治験に携わるCRA等が存在します。

 

これらの職業については、

必ずしも薬剤師免許を必要とするものではありません。

 

その為、より実力主義という面が強く、

薬剤師だからといって得られる安定性は、

他の職業ほど大きいものではありません。

 

ただし、薬剤師でしかなれない、

品質保証のGMP関係の管理者については、

手当も期待できますから、

非常に安定性の強い職業であるという事が言えるでしょう。

 

MRやCRAの場合、

薬剤師が重宝される存在であるという事は間違いありませんが、

あくまで「出来る人材」である事が前提として求められ、

薬剤師だからと言って、

安定性があると油断していると、

痛いしっぺ返しを喰らう事になるかもししれません。



sponserdlink