sponserdlink

薬剤師の就職・転職先としてもっとも

多くの人が選択するのは「薬局」です。

 

薬局の中には「漢方薬」を主に取り扱う店もあります。

 

所謂「漢方薬局」です。

 

薬剤師として漢方薬局への就職・転職を考える場合、

一般的な調剤薬局やドラッグストアとは

大きく性質が異なる為、これを理解しておく必要があります。

 

薬剤師求人 漢方薬局 ビジネスモデル

 

漢方薬局は勉強好きな人に向いている!

薬学生は生薬・漢方について勉強する機会があります。

 

ですが、国家試験の点数アップには殆ど影響が無く、

はじめから生薬、漢方薬の分野は捨てているという人が

ほとんどです。

 

また、実際の現場では西洋薬が主に扱われており、

漢方薬についてしっかり学べる機会はありません。

 

その為、薬剤師であっても漢方に関する知識は

深くない場合がほとんどです。

 

ですから、漢方薬局で働こうと考えた場合、

ほとんど知識ゼロの状態からスタートすることになり、

勉強が苦手な人にとって漢方薬局は不向きです。

 

ですが、新しいことを学び、

チャレンジすることが好きな薬剤師にとっては

漢方薬局は未知の分野となり、新しい世界が拓けることでしょう。

 

調剤薬局と漢方薬局のビジネルモデルの違い

一般的な調剤薬局と比べると、

漢方薬局は大きくビジネスモデルを異にします。

 

調剤薬局は全て保険調剤に委ねており、

患者さん(お客さん)が処方せんを持ってこなければ

調剤薬局の運営は成り立ちません。

 

一方、漢方薬局では多くの場合保険適用外となり、

自費治療が基本です。

 

処方せんを受け入れている漢方薬局もありますが、

調剤薬局のように処方せんのみに限りません。

 

ただし、例外として漢方内科の門前薬局については

保険調剤が主な収益源となります。



sponserdlink