sponserdlink

 

製薬会社勤めの薬剤師から病院に転職することを考えた時、注意するべきことにはどのようなものがあるでしょうか?

 

単に製薬会社、病院とは言っても、薬剤師には様々な種類の職種・業務が存在し、職場環境や薬剤師として求められる知識・スキルや資格は大きく異なります。

 

 

製薬会社から病院に転職する薬剤師が考えなければいけない事

 

病院では調剤業務の他、DI業務や病棟業務の存在があります。

 

また、チーム医療の一旦として医師や看護婦、栄養士や看護師といった他職の医療従事者と連携して業務を行うこととなります。

 

社員食堂や託児所の存在など福利厚生の整った病院も多く、制約会社にありがちな異動等はほとんどありません。

 

このような病院の特徴を踏まえて、製薬会社から病院に転職する際に考えなればいけない点を考えていきましょう。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84

 

どのような病院に転職するべきか?

 

急性期型病院では、病気の進行を止めて回復が見込める目処がつくまでの医療を行うことを目的としていることから患者さんの入れ替わりが激しく、入院する期間もおおよそ2週間です。

 

臨機応変な対応が求められ、また多忙さに耐えられる体力と強いメンタルが要求されます。

 

一方の療養型病院では長期的な治療を必要とする患者さんの為の病院であり、同じ患者さんと長期間に渡ってコミュニケーションを取る必要があり、忍耐強く患者さんと信頼関係を構築し治療を行う忍耐力が大切です。

 

精神科病院では薬物療法は困難ですから、薬物を使用して症状を緩和することが主な役割となります。

 

精神科領域の臨床は非常に特殊な分野で、精神科専門薬剤師の資格が求められますが、ない場合でも取得の為の支援が受けられる場合があります。

 



sponserdlink