sponserdlink

調剤薬局の薬剤師の勤務時間

 

調剤薬局で働く薬剤師の勤務時間

調剤薬局で働く薬剤師の勤務時間については、

正社員の場合1日8時間が一般的です。

 

ただし、患者さんが多く処方せんを多く

捌かなければならない時には

残業が求められる場合もあります。

 

医療施設の門前薬局の場合には特に、

処方せんを出している病院の診療時間や

混み具合にも大きく左右されます。

 

とはいえ、実際の勤務時間は月平均170時間ほどと

言われており、

必ずしもすべての調剤薬局が長時間勤務だということではありません。

 

ただし、店長等役職に就いている薬剤師の場合、

時間通に帰るということは難しいでしょう。

 

24時間営業のドラッグストアも近年増加し、

担当シフトの状況によっては

充分に休みが確保できない場合もあります。

 

大学病院・総合病院の門前薬局の勤務時間

大学病院や総合病院では外来は

予約診療が中心となり、

勤務時間そのものが長くなるということはありません。

 

ですが、大きい病院ほど多くの患者さんの薬歴管理を必要とし、

薬歴を書く作業で時間が押してしまうケースもあります。

 

個人クリニックの門前薬局で働く

調剤薬局で薬剤師が勤務時間を考えた時、

個人クリニックの門前薬局が第一候補となるでしょう。

 

クリニックによって勤務時間は多少違いますが、

 

営業時間が短い場合がほとんどですから、

必然的に、個人クリニックの門前薬局も勤務時間も短くなります。

 

ただし、仕事帰りの人が多く訪れるような立地の場合、

休憩時間を長めに取りその分終了時間を遅らせたり、あるいは

朝、早目に開店するなど、店舗によって多少異なる場合もあります。



sponserdlink