sponserdlink

薬剤師という職業

一般的に薬剤師の仕事のイメージとしては、

調剤薬局などで処方せんを元に調剤する人、

病院で病棟業務や患者さんや医師、看護師などに

薬に関する指導を行う人、

生活で身近なところならば、ドラッグストアなどで

薬の相談に乗ってくれる人などが挙げられるでしょう。

 

実際には、これら薬剤師免許が必要な仕事以外にも

様々な仕事があります。

 

保健所などの薬事行政の分野で働く人や、

製薬企業で医薬品の研究や

開発に携わる職につく人も沢山おられます。

 

その他には、学校などで衛生管理を行っている

学校薬剤師という職業もあります。

 

このように、薬剤師は薬に関与するあらゆるところで

活躍の場があるのです。

 

今回はその中でも、多くの薬剤師が働いている

調剤薬局」の仕事について説明します。

 

調剤薬局

調剤薬局と言われる職種が始まったのは最近の事で、

1960年代と言われています。

 

その後に、国の政府が医薬分業を進める為、

診療報酬の改定を行って

処方せん料金を大幅に引き上げたことがきっかけとなり、

処方せんの発行枚数が大幅に増え始めました。

 

それと同時に受け皿として1980年頃から

病院、診療所前に沢山の調剤薬局が登場しました。

 

順調に規模を大きくしてきた調剤薬局ですが、

全国の多くの県で分業率が70%に近付きはじめ、

頭打ちが見えてきました。

 

成熟し始めた他の業界同様に大手では

MAが積極的に行われており、

中堅の薬局がその傘下におさめられているのが現状です。

 

現在の日本の調剤薬局を会社の規模別にみてみると、

株式公開を行っている上位の数社、

30から50店舗の中堅会社、数店舗しかないローカル会社、

そして個人経営の薬局に分類されます。

 

今後、ジェネリックなどの在庫負担も増加し、

これからは、この現状に耐えられる程度の規模を持っている薬局と、

個性ある個人薬局以外が生き残っていくのは

大変困難となっていくと言われています。

 

調剤薬局の仕事内容とは

 

調剤薬局の窓口業務

調剤薬局の主な仕事内容としては、

病院、クリニックを受診してこられた患者さんが持ち込む

処方せんを元に

医薬品の調剤(混合、粉砕、分包)を行います。

 

調剤が終わったら、薬を患者さんに

わかりやすく説明(服薬指導)して、薬をお渡しします。

 

処方せんの鑑査、服薬指導は、

効率化が進む薬局の中であっても薬剤師の存在が

大きく発揮されるところでもあり、非常に重要な業務です。

 

処方せんの鑑査は、患者さんによって持ち込まれた処方せんに

不備や誤りがないか、

処方された薬の内容だけに限らず、

保険番号、有効期限などについても確認を行います。

 

また、患者さんのお薬手帳を確認して、

他に現在飲んでおられるお薬との重複投薬や

相互作用の危険性がないかを確認します。

 

ここまでの確認作業の中で何か不都合があった場合は、

処方せんを発行した病院の医師に対して疑義照会を行います。

 

このような確認を行って始めて

医薬品の調剤を行う事ができるのです。

 

窓口での服薬指導の際には患者さんに薬を見せながら、

用法を丁寧に説明します。

 

薬によって服用の仕方は異なり、

保存方法に注意が必要なものなどもありますから、

その全てを患者さんに伝えていきます。

 

そのあと薬歴としてそれらを記録し保存していきます。

 

管理薬剤師の仕事とは

管理薬剤師は前述した業務に加え、

医薬品の在庫確認、把握やレセプトの集計など

計数管理の仕事も把握しておく必要があります。

 

薬局の大きさや会社の方針によって異なりますが、

就職後、早い人だと

半年程で管理薬剤師として働く人もいます。

 

管理薬剤師には特に特別な資格が必要とされていませんので、

会社が認めれば意外にも早く

管理者として薬局を任されるケースもあります。

 

調剤薬局の薬剤師の仕事・就職と転職

 

調剤薬局への就職や転職について

 

薬学生の就職活動について

ほとんどの調剤薬局で、採用活動は

通年で行われています。

 

新卒や転職組を問わずに大手企業から中小企業まで、

ほぼ全ての企業が通年で採用活動を行っていて、

転職や就職に関しては

それほどシビアに考える必要はありません。

 

しかし、自身の中で特定の志望企業がある場合、

勤務地など譲れない条件がある人は

早めに下調べしたほうが効率よく就職活動が行えます。

 

大手企業にも、中小企業にも、

それぞれメリット、デメリットがありますが、

どちらを選択するのかはあなた次第になります。

 

企業と中小調剤薬局の違いは何か

大手企業に勤める事の最大のメリットは教育です。

 

すでに沢山の薬剤師を育ててきた実績のある

大企業ならではの効率良い教育方法で、

一人前の薬剤師へと成長していく事ができます。

 

中小の調剤薬局は特定の地域にのみ

固まって出店している店舗が多く、

転居を伴うような

大きな異動や転勤がないというのがメリットとなります。

 

また、会社の規模が小さくても、地方での就職であれば

給料などの待遇面は良い条件で働く事ができます。

 

薬剤師の将来

薬局で勤務する薬剤師は、所属する会社が運営する

違う店舗を移動して、

様々な診療科について勉強していくというのが一般的な働き方です。

 

キャリアプランとしては、店舗の管理薬剤師として

様々な経験や実績を積んでゆく道と、

店舗から離れ、会社全体の運営管理などを行う

マネージャーとして経営に関わってゆく道があります。

 

その他には臨床現場で働きたいと思い、

病院へ転職する人もいます。

 

また、家業が薬局である人も少なからずいます。

 

数年働いて実家を継ぐために退職したり、

新たに自分で薬局を開設し独立していく薬剤師もいます。

 

薬局の会社によっては、独立支援制度を設けている会社もあり、

自分で薬局の開業を行ってみたいなどの夢があるのならば、

そういった制度がある会社への就職を検討してみるのも一つの道となります。



sponserdlink