sponserdlink

 

門前薬局の報酬減額が進められる中、門前薬局の生き残り競争は激化しつつあります。

 

経営者ではないからといって無関係ということはありません。

 

門前薬局の報酬減額は門前薬局で働く薬剤師に大きな影響を及ぼします。

 

 

報酬減額の最終目的とは

 

そもそも門前薬局の報酬減額の目的は一体何なのでしょうか?

 

それは、高齢化に伴い増加する医療費の削減です。

 

%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab-%e8%8b%b1%e8%aa%9e-%e6%b1%82%e4%ba%ba

 

在宅医療の充実

 

医療費削減を考えた場合、最も費用のかかる「入院」を減らすのが最も効率的で、入院無しで治療ができるならそれに越したことはありません。

 

そこでスポットが当たるのが「在宅医療」です。

 

在宅医療において薬剤師は処方せんを受け取り薬を出すだけの薬剤師からチーム医療の一員として薬剤師としての役割が課せられます。

 

 

セルフメディケーションの推進

 

セルフメディケーションとは医師の診断を仰ぐことなく、薬局やドラッグストアの薬剤師からアドバイスを受け、患者自身で一般用医薬品を購入し治療を行うことを言います。

 

医師にかかる医療費を削減し、更に患者さん自身が正しい医薬の知識を得て、軽度の病気の症状を自分で改善したり、生活習慣病を予防して健康を維持することができるようになることで、病院・薬局を利用する頻度を減らすことができるようになります。

 

その為には門前薬局からかかりつけ薬局が推奨さ転換してもらうということが門前薬局の報酬減額の目的で、結果的に医療費の削減につながるのです。

 



sponserdlink