sponserdlink

薬剤師の「緩和ケア」とは?

緩和ケアと薬剤師は、今後益々高齢化社会が進むにあたり

切っては切れない関係であります。

 

“緩和”というのは治療と似ていますが非なるものです。

 

薬剤師に求められている緩和ケアの役割を知っておくべきことを記載します。

 

緩和ケアは話しを聞くこと

薬剤師が緩和ケアを行う上でまず役割として認識することは

「聞くこと」と言うことです。

 

薬剤師だけに限らず、人をケアやキュアする人間は、

こうした方が良い、これは避けたほうが良い、といったアドバイスを

患者さんに伝えなくてはいけないと思う傾向が強いです。

 

その意識が原因で一方的に患者さんに語りかけてしまい、

実際の患者さんの声を聞くことが出来ない事により、

患者さんに肉体的、精神的苦痛を与えかねないのです。

 

行った医療行為が的確であっても、患者さんがストレスを感じていれば

せっかく治す事のできる病気であっても治らなくなります。

 

緩和ケアについて聞く行為を重視して、

大学などでの薬剤師教育においても

コミュニケーション能力を扱う講義を増やしている傾向があります。

 

このように、薬剤師と患者さんが会話をして

話しを聞くことが緩和ケアにおいて最重要なのです。

 

高齢化社会の日本で求められる薬剤師の「緩和ケア」とは?

 

薬剤師が製薬企業で働く事のメリットとは?

 

製薬会社で働く3つのメリット

  • 年収が高く会社自体も安定しているため、将来の心配が少ない
  • ドラッグストアや調剤薬局と比較して待遇が良い
  • 福利厚生などの働く環境がしっかり整っている

 

これらの3つのメリットを端的にすると

「安定で安心」ということになります。

 

大手企業ならではの堅実な経営で、安定感はやはり抜群です。

 

そして、企業によっては経験のない社員に対して

企業内研修や女性薬剤師の場合は産休や育休取得など男女問わず

結婚、出産後などのブランクがあっても

勤務を続けてキャリアをのばす事が可能です。

 

そして大手企業ではほとんどの企業が土日祝日が休日となっており、

ゴールデンウィーク、お盆休み、

更にそれ以上の長期休暇を取ることも可能となります。

 

家庭との両立もできますし、プライベートの時間を

充実させることも可能です。



sponserdlink