sponserdlink

2年目の薬剤師の転職はリスクが高いと言われる理由は?

薬剤師が2年目で転職を考える理由には、

将来性のなさや、やりがいの消失など、

いくつかの可能性が考えられます。

 

ですが、薬剤師が2年目に実際に転職する事は、

リスクが高いと言われています。

 

何故2年目の転職はリスクが高いのでしょうか?

 

薬剤師 転職サイト ランキング

 

薬剤師が転職を考える理由

薬剤師が2年目で転職を考える理由としては、

第一に、スキルアップが望めない場合、というものがあります。

 

毎日の仕事に追われ、

進歩する医療に付いていけずに焦りを感じるという事もありますし、

1年間同じ業務しか任せて貰えず、

スキルアップの機会を奪われているように感じるなど、

様々な転職理由が考えられます。

 

2年目になると、

徐々に自分の仕事にも慣れてきて、

冷静に今の状況を見つめ直す事ができるようになってきます。

 

また、仕事のやりがいが感じられない、という点についても、

大きな転職理由の一つです。

 

雑用ばかり押し付けられて、今自分がやっている仕事が、

会社や社会にどのように貢献しているのかが見えず、

自分の薬剤師としての能力は求められていないように感じるなど、

特に仕事内容の限られる調剤薬局などでは、

今後に期待を持てないかもしれません。

 

2年目の薬剤師の転職は有利になる?

薬剤師が2年目で転職を考えるという事自体は、

珍しい事ではないのです。

 

これは薬剤師に限らず、

大抵の職場で務め始めてから1年程経つ頃から、

はじめはチャレンジ精神旺盛だった新入社員が、

狭い人間関係の中で同じ仕事を延々繰り返す事が辛いと感じてしまう場合もあります。

 

もし2年めで調剤薬局から病院薬局、

あるいは企業の治験薬剤師や品質保証、品質管理職への転身を目指す場合、

とても難しいという事が言われてきましたが、

実は、最近では第二新卒として採用する企業が増加しています。

 

以前は新卒採用が殆どだった採用活動も、

現在では多少経験のある人材にも魅力があると考えられています。

 

特に2年目の場合、

ある程度ビジネスマナーの基礎を身に付け、

業界の知識もある程度ついており、

なおかつ、最初の会社の社風などに染まりきっていないタイミングですから、

非常に魅力的な人材なのです。

 



sponserdlink