sponserdlink

管理薬剤師を目指す転職

薬剤師が3年目を区切りに転職を行う理由の一つが、

スキルアップ、キャリアップを目指した転職です。

 

薬剤師 転職 エージェント

 

 

薬剤師はおおよそ2年目~5年目の間に、

管理薬剤師となるケースが多く、

それがポストが空いていない等の理由でなれない場合、

管理薬剤師になれる職場を目指しての転職が考えられます。

 

 

管理薬剤師は基本的に3年以上の経験が必要とされている為、

仕事にも慣れてきた3年目のタイミングで、

ポストの可能性がないと感じた時には、

転職を考えた方が良いかもしれません。

 

ドラッグストアであれば、

店舗毎に一人は管理薬剤師が必要ですから、

早ければ2年目で管理薬剤師となれるケースもあります。

 

ただし、企業の場合、

調剤薬局やドラッグストアのように、

勤務先の選択肢は多くありませんから、

管理薬剤師を目指す事は容易ではないかもしれません。

 

管理薬剤師になる為には?

薬剤師が管理薬剤師になる為には、

特別、何か資格を必要とする訳ではありません。

 

とは言え、管理薬剤師になった場合、

薬事法や薬剤師法、医療事務や医療保険等、

周囲からは様々な知識を持っているように見られ、

また、従業員や医薬品の管理能力が求められます。

 

加えて、社内に限らず、

社外でもコミュニケーションが求められ、

営業能力も要求されるようになります。

 

勿論、これらの仕事内容に応じて、

管理職手当が支給されますし、

その後の転職を考えた場合にも、大きなメリットとなるでしょう。

 

管理薬剤師は、

ただ漠然と管理薬剤師になりたいと考えていても、

なれる訳ではありません。

 

管理薬剤師になる為には、

スキルアップを常に意識し、

管理薬剤師になる為の教育・研修制度の整った職場に転職する事を考えましょう。

 

企業としても管理薬剤師候補が多いに越した事はありませんから、

大半の企業では、

レベルアップの為の講習等を行っています。

 

ただし、企業によってはその程度に差があり、

今の職場でレベルの高い講習を受けられないという事であれば、

次のステップを目指して転職しましょう。



sponserdlink