sponserdlink

50代薬剤師の転職

50代の薬剤師が転職を考えるということは、

珍しいことではありません。

 

50代ともなると、

どうしても体力の衰えが顕著になります。

 

ですから、これまで普通にできていた仕事が、

キツいと感じる場面も増えてくる事でしょう。

 

 

肉体労働がメインになる、医薬品の製造業での工場勤務や、

立ち仕事が多い品質管理、

あるいは出張の多いCRA等、

これらの仕事については年齢が高くなるにつれ、

デスクワークが主となるケースが大半ですが、

立ち仕事がなくなるというわけではありません。

 

また、仕事自体が辛くなかったとしても、

仕事時間が長い場合や、

休日が少ない事も理由となり得ます。

 

その他、通勤時間の長さや、通勤手段など、

仕事以外の面でも転職を考える理由は少なくありません。

 

50代薬剤師の転職が容易な職種は?

50代の薬剤師が転職を考えた時、

最も容易に転職が可能なのは、

調剤薬局とドラッグストアでしょう。

 

慢性的な薬剤師不足である場合が多く、

中途採用にも積極的で、

業界経験が浅くとも、研修が用意されているケースが多いです。

 

ただし、残念ですが、

50代で正社員を目指し転職するというのは、

難しいでしょう。

 

パートやアルバイト以外では、

あるいは契約社員の薬剤師としての採用が最良かもしれません。

 

地方で転職する

50代薬剤師が転職する場合、

地方で働くという選択肢が考えられます。

 

給与面で言うと、

薬剤師の需要が高い地方の方が期待できるかもしれません。

 

都心よりも仕事が多く、

50代でも転職しやすいでしょう。

 

特に調剤薬局・ドラッグストアについては、

若い人材が多く確保できない事から、

経験のある50代の人材は重宝されやすい傾向にあります。

 

一方で、オフィスビルも少ない地方では、

CRO等のような都会的な仕事は期待できません。

 

また、転職先で自分よりも年下の人が上司になるという場合もあり、

年功序列色の濃い職場から転職するとなれば、

精神的にも辛い思いをする事になるかもしれません。

 

どれだけ能力が高くともはじめは新入り扱いですから、

職場に馴染めず、ストレスの原因となってしまいます。

 

50代薬剤師の転職は、

転職が容易な薬剤師業界にあっても、簡単とは言えません。

 

 

 



sponserdlink