sponserdlink

60代の薬剤師転職は可能か?

2013年の法改正以降、

定年が65歳まで引き上げられました。

 

これにより全ての人が65歳まで働くことができるようになり、

60代で転職するという可能性も生まれたのです。

 

とはいえ、

60代の転職は現実的に可能なことなのでしょうか?

 

その実態について踏み込んでいきましょう。

 

薬剤師 薬局 待遇 平均

 

60代薬剤師の転職

超少子高齢化社会の現代では、

年金の支給が困難となり、

年金の支給される年齢を引き上げた結果が65歳の定年です。

 

医療の発展に伴い、今は60代でも若く健康的な人が増え、

働く場さえあれば、

まだまだ現役で働きたいと考える薬剤師も増えているのです。

 

特に薬剤師の場合

経験と資格者という魅力を持ち、

求人も多職種より多いのです。

 

60代で薬剤師転職を考えた場合、

多いのは調剤薬局です。

 

都心では薬剤師の人材は飽和状態となっている為、

60代で転職することは簡単ではありませんが、

1店舗を1人の薬剤師に任せなければならないような、

地方の薬局であれば年齢不問としているケースが大半です。

 

60歳だろうが、70歳だろうが、

定年が存在しない場合もあり、

健康体であれば好きなだけ働くことができます。

 

さらに、

ドラッグストアでも60代薬剤師のニーズは少なからず存在します。

 

年齢問わず薬剤師を募集している店舗も多く、

調剤薬局と比べると営業時間が長いことから、

夜間パートの募集が増えています。

 

60代薬剤師の求人

60代の薬剤師が転職を考えた場合、

病院や企業については、体力的に厳しいことも多いでしょう。

 

また、都心の薬局や昼間のドラッグストアについても、

体力的な問題から、

60代で採用してもらえるケースは少なくなります。

 

ただし、病院などでも、残業無しのパートであれば、

60代でも転職のチャンスはあります。

 

60代の薬剤師の転職は一筋縄ではいきません。

 

ですが、決して不可能ということでもありません。

 

仕事人生の最後を彩る60代の転職を成功させる為にも、

情報収集は欠かせません。

 

まずは薬剤師転職サイトへ登録するところからはじめてみましょう。



sponserdlink