sponserdlink

CRAは今、狙い目!?薬剤師の転職事情

 

臨床開発の薬剤師は通称「CRA」とも呼ばれ、

薬剤師は特に重宝され、また、年収も高い傾向なります。

 

臨床開発に転職するに際して、

臨床開発の仕事内容や魅力について紹介していきます。

 

薬剤師になる 薬剤師 収入

 

臨床開発の薬剤師は高収入!

臨床開発の薬剤師の年収については、

新卒の薬剤師の場合はおおよそ400万円と、

調剤薬局と大差ありません。

 

ですが、その後の伸び幅は抜群で、

600~800万円や、1000万円を越える場合も少なくありません。

 

さらに、転職の場合、

経験や実績によってはいきなり高収入を得ることも可能で、

非常に魅力的な職種と言えるでしょう。

 

ただし、ずっと調剤のみをしていたり、

医薬品を取り扱わないような職についていた場合、

いきなり高い年収ということは難しいかもしれません。

 

はじめは少ない収入でも臨床開発に転職し、

経験を積んで、

改めて転職をするという方法もあります。

 

CRAの仕事内容は?

臨床開発試験では、医薬品が世の中でに出ていくまでに、

充分な有効性・安全性があるのかということを、

患者さんに実際に投与し、

安全性のチェック、薬物動態などのデータ収集を行います。

 

これらの作業を、医師や看護師等他の医療従事者と連携し、

スムーズに実施する為に働くのがCRAの役目です。

 

医療機関、治験の実施を監督する責任医師の選別や、

医療スタッフへの治験内容の指導、

治験に必要な支給品等の準備など、

治験を実施する為の体制を整えます。

 

また、治験をスケジュール通りに進め、

投与結果に問題がないか等を逐一チェックし、報告書を作成します。

 

 

この段階が修了すると、治験責任医師に治験の終了を伝え、

支給品の回収等や、関連書類などをまとめ、

契約完了として支払いなどをします。

 

治験を実施兄行わない立場ではありますが、

ある程度の薬の知識を有した薬剤師が求められ、

また、マネジメント能力も要求される為、

治験に関する経験がある程度あることが良いとされています。

 



sponserdlink